今年もあとわずかとなりましたね。
あっというまの1年でびっくりしています。

先週の金曜日は職場のクリスマスパーティーでした。
数日前から通所の方々と飾り付けをして準備。
みんな楽しみにしていたパーティーです!
職員も多いに楽しむ!という感じでわいわいと過ごしましたよ。

午前中は音楽発表会。
2チームの今までの演奏を披露します。
ちょっと緊張しましたが上手にできたのではないでしょうか?(笑)

昼食後はダンスパーティーです。職員も通所の方々もお着替え!
アマチュアバンドの方々の演奏にのってダンスタイムです。
今年はなんとスペシャルゲストとして俳優の伊藤敦史さんが登場しました。
実は毎年演奏に来てくださるバンドメンバーの息子さんなのです。
サザンの歌を1曲歌ってくださって大変盛り上がりましたよ~。

職員も5曲参加して歌い、
ダンスというよりはライブ会場のようになってしまったのですが
まあ、保護者の方々も含め楽しい時間が過ごせて良かったと思います。

私は初めてのことなのでとにかく緊張していたのですが(役割もあり)
きれいにドレスアップしたメンバーを見てすごく感動しました。
お化粧も職員がやってあげ、本当にパーティー気分を味わうことができましたよ。
今までは保育園で子供たちと過ごす行事でしたが、
こんなふうに大人の方々と接するのもいいもんだな~って感じています。

今年は職場も変わり、いろいろあったけど・・・
でも、学べることがたくさんありました。
私にとっては本当に良い1年だったと思っています。

来年も向上心を忘れずに・・・
前に前に1歩ずつ私らしく歩いていけたらいいなぁ~。


2009.12.22 Tue l ひとりごと l COM(0) TB(0) l top ▲
昨日のことです。
洗濯機をまわしてリビングでゆっくりしていた私に
次男が顔を出して言いました。

「母ちゃん、廊下が水浸しなんだけど・・・なんでだ?」と。
「えっ?何が?」そう言う私にもう一度彼は言いました。
「だから、廊下が水浸しなんだけど・・・なんでだ?」と。

何言ってのよ、朝っぱらから。
また寝ぼけておおげさに言ってるよ、この子は~!

そんなふうに思ってリビングのドアを開けてみると・・・
「はぁ?何?これ・・・」とつぶやいてからしばらく時間が止まった気がしたよ。
だってさ、廊下が水浸しでまるで床上浸水状態だったの。
しかも、ところどころに泡が立っていたわけよ。

え?マジ?なんだって?洗濯機が壊れてるの?
いろいろなことが頭の中でぐるぐる回っていたんだけど・・・

我が家は2世帯なものでして
廊下をつたい階段下まで水は流れ落ちていました。
しかも、下におりていって様子を伺うと・・・なんと天井から雨漏りが・・・。
ぎょえ~、やっちまったよ!どうしよう~。(涙)

速攻で主人に電話して
駅でもうすぐ電車に乗るところを家までもどってきてもらいました。
いつもいつも悪いよね~、本当に申し訳ないです。

洗濯機はもうすでに7年半。
買い換えを考えてはみたけど・・・電気や行って見てもとにかく高い!
結局は買わないで我慢してもう少し使うことにしました。

せっかくなので大掃除になってしまった我が家ですが
思い切ってやらないと片付かないので結果的には良かったのかも~?

それでにしても、今回はすごかった。
こんなにひどい水漏れの経験は初めてだったよ~。

あ・・・そうそう、原因はですね~
前日の夜に主人に蛇口を直してもらったのだけど
なんでもその際に洗濯機を少し動かしたらしいの。
それで排水口からホースがぬけてしまったため水漏れになったみたい。

なんでも直してくれる主人を「天才~」とほめたたえていたのですが
今回はつめが甘かったと大反省の主人。
「やっぱり俺は天才じゃなくて普通だったよ」とポツリつぶやいていました。(笑)

まあまあそう言わず!
今回はこういう結果だったけど日頃から感謝はしているのですよ。
私より手先は器用だしね、本当にうらやましいくらい。

それにしても、次男の動じない様子は最高でした。
今思い起こしても最高に笑える。
彼は誰に似たのかな?主人?それとも私?
のんきなところは私なのかな~?(笑)

昨日は1日中掃除にあけくれて本当にぐったりでした。
もちろん、仕事は夫婦共にお休みです。
あまりのすごさに仕事に出られなかったもの。

そうそう、最近は乾燥機付きのドラム式が流行みたいですが
実際に使うとどうなのかな?
今、我が家は雨の日などは除湿器でランドリー乾燥にして乾かしてるのですが
みなさまのところはどうですか?
電気代などを考えるとどっちがいいのかしら?

来年は買い換えを検討しているものでして
ご意見など伺えたらうれしいで~す。とにかく大きいのが欲しいな。
やっぱり8キロはあるといいなぁ~。






2009.12.05 Sat l ひとりごと l COM(2) TB(0) l top ▲
主人の中学の時の友人から喪中ハガキが届きました。
ご主人がお亡くなりになったとの文面に驚いて言葉も出ませんでした。
48歳という若さでした。

主人は中学の頃の仲間と今でも年賀ハガキのやりとりが続いています。
男女混みの仲良しグループで沖縄にいる友人が千葉に里帰りする時も
居酒屋に集まって飲んだりする関係です。
私にはそういうお付き合いの仲間はいないので
ちょっとうらやましい感じもしていました。

広島に住んでいる彼の友人はご主人のご両親と同居していたのですが
いろいろあったようで
数年前からは親元を離れ別世帯で暮らしていました。
お子さんはいくつになったのかな?
我が家の子供たちよりは年下だったと思いますが
どれほど気落ちされていることかと思うと胸が痛いです。
ご主人様のご冥福を心よりお祈りいたします。


私たち夫婦も40代後半になりました。
この年齢になると親を亡くしたり、場合によっては友人が亡くなったり・・・。
喪中ハガキが届くとため息が出ます。
もうそんな年になってるんだな~って・・・。

健康が1番だね。
仕事で疲れてストレスもたまるけど、それでも笑っていられる自分がいる。
私が元気でいられるのはやっぱり主人の存在が大きいと思う。

いいところも悪いところもみんな知っている。
一緒に笑ってくれて一緒に泣いてくれる。
この世の中でもっとも信頼している人。
彼が突然いなくなったら私はどうなるのだろう?
そんなことを考えると怖くなります。

夫婦って不思議ですよね。
性格は全然違うのになんだか似てくるような気がします。
お互いに持っていないものを持っているから惹かれるのでしょうけど
長く暮らしていくうちにどことなく感覚が似てくるのでしょうね。

まだまだ笑って暮らしていたいよ。
いっぱい話したいことがあるんだから・・・。

共に白髪の生えるまで、
どうか健康で1日でも長く一緒にいられますように。





2009.12.01 Tue l ひとりごと l COM(4) TB(0) l top ▲