FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
先日、4年間ずっと作業を一緒にやってきたYさんが
お空に旅立ってしまいました。

すっと入院していたのでしばらく顔を見ることがなく心配していたのだけど、
とても悪い状態なので家に戻ってきたYさん。
最後は自宅で親子水入らず、ゆっくりと過ごしたいというお母様のご意向でした。

Yさんが亡くなったことを知らされたけど、告別式は家族だけでということなので
お母様が落ち着いたところで
職場のみんなとお線香を上げるため自宅を訪ねました。


思い出話をしているうちにみんなホロホロと涙が出てしまい、
お母様も泣いてしまい・・・
なんだかせつない気持ちでいっぱいだったけど・・・

「さよなら」は言わないでほしいというお母様の気持ちをくんで
帰り際はみんなで明るく「Yさん、またね」と声をかけてきました。

Yさんはまだ40歳です。
今まで見送ってきた方たちも20代から30代と若くて・・・
お母様たちは「親孝行です」と泣きながら話してくれましたが・・・
そうなのかもしれませんね。

子供を見送れることが親孝行になるなんて本当に悲しいけど・・・
重度の障害を持ちながらこんなにも明るく生きてきたみなさんには
本当に勇気をいただきます。
そしてご家族の愛情の深さには胸があつくなります。


私は一生懸命生きているかな?
時間を無駄にしていないかな?
日々の生活に感謝しているかな?

当たり前だと思っている毎日だって本当は当たり前じゃないんだから・・・
父が亡くなった時に感じたことを今思い出してます。

母の寿命もいつまで延びるかわからない・・・
ちゃんと生きなくちゃ!
少しでも後悔の少ない人生にしなくちゃね。
たった1度の人生だもの。


Yさん、またね。いつかまた会おうね。
その時は自由に走り回っているのかな?病気なんかないよね?
たくさんお話できるよね?

何気ないみんなの会話を聞いてはよく笑っていたよね。
もう会えないなんて本当に寂しいよ・・・。
これからは、空の上でみんなのことを見守っていてね。

Yさんのご冥福を心から祈っています。




2014.07.22 Tue l ひとりごと l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://relax930.blog104.fc2.com/tb.php/347-df194a8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。